二日酔い 対処 即効

二日酔い 対処 即効 飲み物

二日酔いを即効で対処し、午前様にならないようにするには、どうすれば??

 

二日酔いになると、翌日に起きるのが、とっても辛いですよね。しかも大体が、翌日仕事だったり、家族サービスだったり、何かしらの予定があって、ゆっくりと休んでいられない日も多い・・・

 

そんな方も多いのでは無いでしょうか。

 

そんな戦うサラリーマン、戦うパパに強い味方として、当サイトでは「即効で二日酔いの対処が出来る方法」について、随時サイト更新をしていきますので、参考にして頂けると幸いです。

 

 

二日酔いの時に即効立ち直りたい!そんな時に最適な飲み物は??

早速ですが、二日酔いの時に即効シャキッとしたい時、大事な会議だったり、家族サービスがあって、しっかりしたい時に飲むと良い飲み物は??

 

についてですが、一番良いのは「お水」です。

 

二日酔いの主な症状である、頭痛、吐き気、下痢などの身体的特徴が出ているものですが、すべて「肝臓でアルコール分解の処理ができなかった結果、アセトアルデヒドが分解出来ていないために起きている症状」だとされています。

 

そのため、お水を飲む事で、

 

  1. 脱水症状となる事を防ぐ。
  2. アルコール濃度を下げ、血中アルコールの上昇を防ぐ。

 

大きく分けて、2つの症状を防ぐ事に繋がりますので、肝臓に負担をかけず、また、体内に残るアセトアルデヒドの分解を手伝う事となり、結果的に二日酔いの症状改善に繋がります。

 

 

ここで、お水と二日酔いについて、いくつかの疑問がありましたので、調べてみた事をQ&A形式で紹介させて頂きたいのですが、

 

お水は一気に大量に飲んでも、少量ずつ飲んでも河ならないのでしょうか?

アルコールによる利尿作用が高まり、トイレも近いですし、汗もかきやすい状態ですので、水分補給は多いと思うくらいでも問題ありませんが、一気に流し込んで吐き気が・・・という事では本末転倒ですので、量は沢山飲む事を意識した上で、お水を摂取するようにしましょう。

 

お水は、軟水、硬水、水素水、何でも良いのでしょうか?

お水には、軟水と硬水がありますが、日本人の身体には軟水の方が吸収が良いと言われていますので、軟水タイプをえらぶようにした方が良いでしょう。

 

水素水は、活性酸素を取り除き、利尿作用を起こす事を考えると、アルコールの大概排出を助ける役目を担っていると考えられますので、オススメ出来ます。

 

その他に、酸素水や海洋深層水もありますが、それぞれ酸素を含んだり、ミネラルを豊富に含んだお水で、アルコールを体外へ排出するのに、手助けしてくれるのでオススメです。

 

 

水割りセットがありますが、お酒を水で割っていれば、効果はあるのでしょうか?

アルコールをお水で薄める事が出来る、水割りセットは、ロックで飲むよりも、アルコールそのものの濃度を薄める事ができるので、二日酔いになりにくい飲み方と言えます。

 

ただし、アルコールとチェイサーでお水を置いてあり、ロックを飲んだ後にお水を飲んでも、先に胃に到達するのがアルコールである事、アルコール濃度が薄まったわけでは無い事から、二日酔い対処にはなっていない可能性が高いです。

 

二日酔い 水

二日酔い 対処 頭痛

続いて、二日酔いの症状の中でも、比較的多くの方が経験する症状として「頭痛」がありますが、二日酔いでどうにもならない事が起きないようにするために、どうすれば良いか?

 

ここでは、頭痛に対する対処法について、まとめていきたいと思います。

 

 

アセトアルデヒドの分解を促進し、アルコールを体外へ排出しよう!

 

頭痛をはじめ、二日酔いの症状は「身体から有害なものを排出しようとするサイン」の表れですので、サポートするために食べ物、飲み物、ツボを押してみるなどが出来ます。

 

 

二日酔い対処に良いとされる食べ物は??

例えば、食べ物の場合は、お味噌汁、しじみ汁、ウコンなどが代表されるのですが、あまり知られていないところですと、

 

  • マカデミアナッツ、くるみ、レーズンバターなどはアルコールの吸収を遅らせる役目
  • 玄米やごまは、アルコール分解の代謝を促進する役目
  • ブロッコリーやカリフラワーなどのアブラナ科の野菜は肝機能を強化する役目
  • タコ、イカ、貝類などのタウリン、はまぐりやあさりなどのグルタミン、ごま、ナッツ、鶏肉などのオルニチン、ごまに含まれるセサミンなどは、アセトアルデヒド分解を促進する役目

 

をそれぞれ担っています。

 

二日酔い しじみ

 

 

二日酔い対処に良いとされる飲み物は?

次に、二日酔いになった時に良いとされる飲み物ですが、お水以外では、スポーツドリンクや果汁入りのジュースもオススメです。

 

スポーツドリンクや果汁ドリンクには、糖分が含まれているので、アルコール摂取による低血糖症を防ぐ役割を果たす事もあり、不足している糖分を補う事が可能です。

 

ただし、飲み過ぎは糖分の過剰摂取となりますし、喉が乾くので、お水も一緒に取る事になりますので、お水を飲む事も忘れないようにして下さいね。

 

二日酔いの中で一番効きそうなスポーツドリンクは何??

 

スポーツドリンクと聞くと、日本ではPOCARI SWEAT(ポカリスエット)とAQUARIUS(アクエリアス)を想像しやすいですが、原材料名を比較すると、はちみつを使用していたり、果糖を使っていたりしますので、二日酔い対処には良いイメージです。

 

その他にも、オルニチンを含むスポーツドリンクがある場合は、アルコール代謝を促進させる役割をするので、オススメ出来るかも知れませんが、スーパーやコンビニで頭痛や吐き気がするよな症状の時に、原材料名をチェックするのは、なかなか大変だと思いますので・・・

 

お水にするか、アクエリアスにするか、その両方を持っておくようにするのが、無難だと言えそうですね。

 

二日酔いの中で一番効きそうな果汁ドリンクは何??

 

二日酔い対処に良いトされる果汁ドリンクは、オレンジ、トマト、バナナ、レモン、グレープフルーツなど様々ありますが、一番はオレンジジュースが世界中でも人気があるようです。

 

また世界を見ると、ポーランドではピクルスジュースが二日酔い対処のドリンクとして飲まれていたり、日本では古くは柿をジュースにする習慣もありました。

 

 

二日酔い対処専用のドリンクの効果は??

通常のドリンクとは違い、コンビニなどにいけば、市販されている栄養ドリンクだったり、二日酔い専用のドリンクが売っていたりしますが、少しでも早く治したい場合は、アセトアルデヒドを素早く排出する成分が入っているドリンクを選ぶのが良いでしょう。

 

一例では、ノ・ミカタ、ヘパリーゼドリンク、ハイチオールC、ウコンの力などは、二日酔いがひどい方は、オススメのドリンクと言えそうです。

二日酔い 対処 薬

最後に二日酔い対処に良いとされる薬ですが、二日酔いを予防するには、錠剤タイプ、ドリンクタイプとありますが、それぞれ効果、効能を知った上で、事前の予防とするのか、それとも二日酔いになった後に早く回復するために使うのか?

 

それぞれ違いがありますので、気をつける必要があるかと思います。

 

今まで紹介してきた、食べ物や飲み物については、二日酔いになった後に、いかに早く回復するか?を考えてとなりますし、そうならないために、事前に対処したいという場合だと、ウコンなどを飲み、「飲む前に備える」事が大切になってきます。

 

二日酔いになるのは、急激な血中アルコール濃度の高まりと、血中アルコール濃度のピークを迎える事で起きるので、これらを遅らせる役目として、事前に出来る対策はとっておいた方が良いかと思います。

 

 

例えば、

 

空腹時にアルコールを胃に流し込むような事はしない。
牛乳やヨーグルトを食べて、胃に粘膜を貼っておく。
トクホの緑茶で、カテキン摂取と脂肪を取らない二重のガードを。

 

これらの対策は講じておいた方が良いですし、私の場合だと、これにプラスしてウコンを必ず飲む前に飲むようにして、そのウコンというのが、こちらのウコンです。

 

→ ゲンキウコン 詳細はこちら

 

ゲンキウコン

 

ゲンキウコンは、他のウコンと比べて、クルクミン量が多い「クスリウコン」を使用しており、クルクミンが60.00mg以上含まれているウコンの錠剤です。

 

 

私自身も飲み会の前には、必ず使用するようにしているのですが、ゲンキウコンを飲むようになってから、一番違いを感じているのが「翌日にお酒が残らない」というところです。

 

今までは、「飲み過ぎたな〜・・・」と思った翌日は、頭痛や吐き気が止まらず、午前中は仕事にもならず、うずくまっていたり、トイレに駆け込むような事が多かったのですが・・・

 

ゲンキウコンを飲むようになってから、多少の頭痛や疲労は残るものの、吐き気が止まらないという事もなく、快適に翌日を迎える事ができているので、とても気に入っています。

 

ゲンキウコン

 

今では、このように飲み会の席では、常にセッティグしている状態で、同僚や上司からも「それ何??」という事で、興味を持たれ、一袋ずつ分けてあげる事もあります。

 

 

周りの反応も上々ですし、私だけでは無いので、二日酔い対処に「ゲンキウコン」は、とてもオススメ出来ます。

【初回に限り1ヶ月分を半額の980円で購入出来ます】

↓ ↓